IMG_7157~m

コトブキ編集塾

2013年11月2日

ドヤのまち寿町とアートの関わりを学び、編集力を身につける「コトブキ編集塾」

2013年10月12日(土)開講!
公開レクチャー+トーク参加者・編集部員募集
PDFチラシ(第1弾第2弾

かつては日雇い労働者のまちとして知られ、現在では福祉のまちとも言われるドヤ(簡易宿泊所)のまち寿町を舞台にしたアートプロジェクト〈KOTOBUKIクリエイティブアクション〉は2008年にはじまり、今年で6年目を迎えました。このたび、その活動やまちの変化を振り返りながら、そのエッセンスを再編集し、伝える広報ツールやドキュメントの制作に取り組む「コトブキ編集部」の活動が始まっています。
この立ち上げに合わせて開講する「コトブキ編集塾」は、参加者に公開レクチャー+トークを通して寿町へのそれぞれの眼差しと、アートプロジェクトの編集力を身につけていただくプログラム。実際の編集作業にもご興味のある方には、そのまま「編集部員」として関わっていただきます。寿町に興味のある方、アートプロジェクトの編集に興味のある方のご参加をお待ちしています!

公開レクチャー+トーク
日程:2013年10月12日(土)〜2014年3月 ※予定
会場:寿オルタナティブ・ネットワーク事務所(横浜市中区松影町2-5-2 南雲ビル304号) ※要事前申し込み
参加費:各回1,000円(編集部へ加入いただいた方は無料)
ナビゲーター:橋本誠(アートプロデューサー、寿オルタナティブ・ネットワーク)

申し込み方法
ウェブフォームまたはメールにて、参加希望回、お名前、当日ご連絡先(携帯電話など)、編集部加入希望の有無などについてご連絡ください。折り返し当日の会場等についてご連絡いたします。

申し込み・問い合わせ先
Mail:info@creativeaction.jp  Mobile:080-5046-2612
 
※以下は終了しました

【10月12日(土)】
10:30〜13:30
レクチャー+まち歩き「寿町と〈KOTOBUKIクリエイティブアクション〉」
講師:河本一満(寿オルタナティブ・ネットワーク)
寿町と〈KOTOBUKIクリエイティブアクション〉についての概略をレクチャーとまち歩きでご紹介します。

14:30~16:30
レクチャー「アートプロジェクトを“伝える“ツールとは」
講師:橋本誠(アートプロデューサー、寿オルタナティブ・ネットワーク)
チラシ、マップ、ニュースレター、ウェブサイトなど、アートプロジェクトを“伝える”広報ツールの事例について知ります。〈KOTOBUKIクリエイティブアクション〉で制作された“ほぼ”全てのツールもご紹介します。
 
【10月14日(月・祝)】
13:30〜15:30
レクチャー「寿町の歴史と現在」
ゲスト講師:山本薫子(首都大学東京都市環境科学研究科都市システム科学域准教授、社会学者)

【10月19日(土)】
13:30〜15:30
レクチャー+トーク「クリエイティブプロジェクトと編集」
ゲスト講師:寺井元一(株式会社まちづクリエイティブ)
松戸市におけるまちづくりとアートプロジェクトの例を参考にしながら、クリエイティブプロジェクトにおける広義の「編集」について考えます。

【10月20日(日)】
13:30〜15:30
レクチャー+トーク「アートプロジェクトの“ドキュメント“とは」
ゲスト講師:影山裕樹(編集者)
複数のアートプロジェクトのドキュメント例を参考にしながら、その中に必要とされる要素について、またその制作のためにどのような準備が必要なのかを理解します。また〈KOTOBUKIクリエイティブアクション〉のドキュメントのあるべき姿について考えます。

【11月30日(土)】
10:30〜12:30
第1部:レクチャー+まち歩き「寿町と〈KOTOBUKIクリエイティブアクション〉」
13:30〜15:30
第2部:『KOTOBUKIクリエイティブアクション2011-2013(仮)』公開編集会議
ナビゲーター:橋本誠(アートプロデューサー、寿オルタナティブ・ネットワーク)
寿町と〈KOTOBUKIクリエイティブアクション〉についての概略をレクチャーとまち歩きでご紹介します。

※第1部は10月12日(土)に開催した「アートプロジェクトの”ドキュメント”とは」と一部重複します

 

【12月6日(金)】
19:30〜21:00
レクチャー「プロジェクト・ドキュメントのための取材術」
講師:友川綾子(編集・アートライター)
寿オルタナティブ・ネットワークのPR担当でもある友川が、現場取材の心構えや、記事制作の際に意識していることをお話しします。また、事例として制作に関わった、寿町をテーマにした小冊子『コトブキ帖』(〈my home town わたしのマチオモイ帖〉参加)についても取り上げます。

 
【12月16日(月)】
19:30〜20:30
レクチャー「”使える” プロジェクト・ドキュメントブック制作事例集」
講師:橋本誠(アートプロデューサー、寿オルタナティブ・ネットワーク)
ここ数年講師が手に取ってきたプロジェクト・ドキュメントの中から「使える」と思った事例を抽出したり、担当した〈墨東まち見世2009-2012〉〈KOTOBUKIクリエイティブアクション2008-2011〉における制作体制や編集の考え方のあり方についてお話しします。
 
コトブキ編集部参加条件
※「コトブキ編習塾」公開レクチャー+トークのみにご参加希望の方は、条件を満たしていなくてもかまいません
・公開レクチャーやトーク全6回(予定)のうち2回以上に参加し、その運営(準備・撤収や簡易なレポート執筆)に協力できること
・制作期間となる11月〜2月の間、月1〜2回程度のミーティングやワーキングに参加できること(日程は参加者の希望をふまえて随時調整、場合により都内でも実施の可能性あり)
・ご自身の特技(寿町エリアの知識、資料やデータの収集整理、取材活動、デザイン、執筆など)を生かしてワーキングに協力する意思のあること

 

ナビゲーター・講師プロフィール

橋本誠(アートプロデューサー、寿オルタナティブ・ネットワーク)
1981年東京生まれ。横浜国立大学教育人間科学部マルチメディア文化課程卒業。2005年よりフリーのアートプロデューサーとして活動。2009〜2012年、東京文化発信プロジェクト室に所属し「東京アートポイント計画」の立ち上げを担当。2012年より「Tokyo Art Research Lab」事務局コーディネーターを務めるなどアートプロジェクトの担い手育成に努めている。主な企画に都市との対話(BankART Studio NYK/2007)、KOTOBUKIクリエイティブアクション(横浜・寿町エリア/2008~)など。
http://www.diacity.net

友川綾子(編集・アートライター)
1979年生まれ。美術手帖ライター、寿オルタナティブ・ネットワーク プロモーター。アートギャラリー勤務や、3331 Arts Chiyoda PRスタッフなどの経歴を経て、編集、著述、コーディネート、プロジェクト企画・運営など、現代アートのフィールドで幅広く活動。地域や社会とアートの接点に関心を寄せている。

山本薫子(首都大学東京都市環境科学研究科都市システム科学域准教授、社会学者)
1973年東京生まれ。1998年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。2001年東京都立大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学。山口大学教育学部講師、助教授、准教授を経て現職。著書に「横浜・寿町と外国人」(福村出版/2008年)

寺井元一(株式会社まちづクリエイティブ)
1977年、兵庫県生まれ。2001年、早稲田大学政経学部卒業。2002年にNPO法人KOMPOSITIONを設立。渋谷を拠点に若いアーティストやアスリートのため、活動の場や機会を提供する活動を始める。横浜・桜木町の壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」や、渋谷・代々木公園でのストリートボール大会「ALLDAY」などのイベントを企画運営してきた。その経験から一時的でなく日常的に、より創造的な活動ができる社会を創るべく、まちづくり分野に移行。2010年5月、株式会社まちづクリエイティブを設立し、クリエイター層の誘致により松戸駅前エリアの活性化を目指す「MAD Cityプロジェクト」開始。多目的スペース「MAD City Gallery」開設、「松戸アートラインプロジェクト2011」などの運営に携わる。
まちづクリエイティブ http://www.machizu-creative.com/
MAD City http://madcity.jp/
MAD City 不動産 http://madcity.jp/estate/

影山裕樹(編集者)
1982年東京生まれ。編集者。アート、カルチャー系の書籍の企画・編集、広報媒体のディレクションなどを行なうOFFICE YUKI KAGEYAMAを主宰。編集者の視点で展覧会等の企画に携わる他、執筆活動も多数。近年の主な仕事に『秘密基地の作り方』(尾方孝弘 著、飛鳥新社、2012年)、『地域を変えるソフトパワー』(藤浩志+AAFネットワーク著、青幻舎、2013)、「TOKYO/SCENE」(フェスティバル/トーキョー発行、全4号、2012)、『十和田、奥入瀬 水と土地をめぐる旅』(管啓次郎+十和田奥入瀬芸術祭 編、青幻舎、2013)などがある。
http://www.yukikageyama.com

河本一満(寿オルタナティブ・ネットワーク)
〈KOTOBUKIクリエイティブアクション〉総合プロデューサー。横浜市職員として横浜のまちづくりを担いながら、2006年頃より横浜・寿町でボランティア活動を開始。2008年に活動団体である寿オルタナティブ・ネットワークを地元や有志の協力の元に設立し、アーティストやプロデューサーらと共にまちなかでプロジェクトに取り組む。

Leave a Comment