033-02_800

川崎 昌平《寿とは》

2009年4月18日

作家でありアーティストである川崎は、寿町のドヤに滞在しながら小説の執筆活動を行い、小冊子の形で発表しました。過去にネットカフェを舞台にした体験記や、まちの風景に詩的な言葉を重ねた映像作品の制作経験があることから事務局よりプロジェクトを打診。地域行事へ参加するなど幾度かのリサーチを重ね、最終的には約2ヶ月の間集中的に滞在制作する期間を設けて活動に取り組みました。作品は、ドヤでの生活はもちろん、路上や飲み屋で地域住人と重ねたコミュニケーションなどが色濃く反映されたノンフィクション風の小説となっています。なお、2008年度のコア期間中には、実際に本人が滞在したドヤの一室にテキストを用いた平面や映像をインスタレーション構成し、ツアー参加者がそれを建物の雰囲気と共に鑑賞できるようにしました。(画像:2008年コア期間展示の様子)

時期:滞在制作/2008年8〜10月、展示/2008年11月、冊子の発行/2009年4月18日
場所:丸井荘 新館
協力:丸井荘グループ

033-01
丸井荘新館 滞在の様子

Kawasaki_hyousi_kage
寿とは(冊子)

Leave a Comment