052

ユミソン《寿・パレード》

2010年12月6日

木とその影をモチーフにしたモビールのインスタレーション作品を数多く制作するユミソンは、森が徐々に街に広がっていき、それを見て歩く人々の姿が楽しいパレードのように連なる様子をイメージしたプロジェクトを展開。野宿者が寝転がる寿労働福祉会館のピロティで、約1ヶ月にわたり制作/展示を行いました。同時期に行われた町のクリスマスイベントに合わせて、木を型どった布に信州国際音楽村から提供されたラベンダーを詰めた「おやすみツリー」を住人にプレゼントする、植林プロジェクトを不定期に行っています。安眠効果のあるラベンダーの香りで「寝る為の場所(簡易宿泊所)が沢山集まっている街、寿町に安らかな眠りが訪れるように」との想いです。また、「寿合宿」に参加し、町の歴史と今を学びながら、新たなかたちで体験型の作品制作に取り組みました。

時期:インスタレーション制作 2009年11〜12月
体験型作品制作 2010年11〜12月
場所:インスタレーション 寿町総合労働福祉会館 ピロティ
協力:財団法人寿町勤労者福祉協会、財団法人信州国際音楽村

053
寿・パレード(インスタレーション)

Leave a Comment