kotobukicamp140728_ol

「寿合宿2014」参加者募集!

2014年8月1日

※募集は終了しました

アーティスト・さめしまことえ(旧姓 浦田琴恵)の発案により、2010年よりリレー形式で展開されてきた、横浜・寿町を舞台にした滞在制作型のプロジェクト「寿合宿」。5回目を迎える2014年度は、滞在制作を行うアーティスト・クリエイター(ジャンル不問)を公募します!
かつては労働のまち、今では福祉のまちとも呼ばれるドヤ(簡易宿泊所)の集積するまちでいつ、誰に向けて、何をするのか。エントリーいただく方に考えていただくための勉強会や、プレゼンテーションは公開で行いますので、どなたでもご参加いただけます。

【レジデンスアーティスト・クリエイター公募】 募集要項(PDF) 申込書(PDFWORD
8月 1日(金)エントリー登録開始
8月23日(土)エントリー登録締切
9月 6日(土)レジデンスプラン提出締切/公開プレゼンテーション開催
〜2015年2月中 滞在、制作活動を実施(ジャンル、形態不問)
・公開勉強会は説明会を兼ねています。募集要項を第1回(8月8日)に合わせて、ウェブ上でも公開予定です
・公開勉強会や公開プレゼンテーションへの参加が難しくても、エントリーは可能です
・公開プレゼンテーション参加希望エントリー数が多い場合は、参加者を選考させていただきます
・公募参加費は無料です(資料として、第1回〜第3回「寿合宿」記録集を各500円でお買い求めいただけます)
・制作活動費は10万円(源泉徴収税込)、滞在宿泊費や発表活動に伴う経費は一部当方で負担(上限あり)の予定です

【公開勉強会】
8月 8日(金)
14:00〜 竹本真紀(美術家)によるまち歩き+トーク
16:00〜 河本一満+橋本誠(寿オルタナティブ・ネットワーク)による活動紹介
ドヤ宿泊可 ※5日(火)中までに要事前申し込み。満室の際には6日(水)中にご連絡します

8月9日(土)
10:00〜 河本一満+橋本誠(寿オルタナティブ・ネットワーク)によるまち歩き+トーク
13:00〜 幸田千依(絵描き)による活動紹介
14:30〜 近藤昇(寿日雇労働者組合)による活動紹介

8月23日(土)
10:00〜 曽我部昌史(建築家)による活動紹介
12:00〜 河本一満+橋本誠(寿オルタナティブ・ネットワーク)によるまち歩き+トーク
14:30〜 山本薫子(首都大学東京都市環境科学研究科都市システム科学域 准教授/社会学者)によるレクチャー
ドヤ宿泊可 ※18日(月)中までに要事前申し込み。満室の際には20日(水)中までにご連絡します

会場:8日-かながわ労働プラザ4F 第4会議室(横浜市中区寿町1- 4)
9,23日-寿生活館2階会議室(横浜市中区寿町3-12-2)

参加費:1コマ1,000円/1日2,000円 ※レジデンス公募にエントリーいただいた方は無料
 
【公開プレゼンテーション】
9月6日(土)13:00〜17:30 ※以下、タイムテーブル(予定)
 13:00〜 「寿合宿」のはじまりについてのトーク
 14:00〜 公開プレゼンテーションに関する公開打ち合わせ
 14:30〜 公開プレゼンテーション
 15:30〜 ディスカッション
 17:30 終了

会場:かながわ労働プラザ 1Fギャラリー(横浜市中区寿町1- 4)
参加費:無料 ※カンパ制
審査員:上田假奈代(NPO法人こえとことばとこころの部屋[ココルーム]代表/詩人)
さめしまことえ(旧姓 浦田琴恵/「寿合宿」発案アーティスト)
芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
寿オルタナティブ・ネットワーク メンバー

各種申し込み、エントリーはこちらのフォームよりお願いします

[主催] 寿オルタナティブ・ネットワーク
[助成] 公益財団法人福武財団
[お問い合わせ] e-mail : info@creativeaction.jp   tel : 080-5046-2612(極力メールにてお願いします)

 
【審査員プロフィール】
kanayo-roji-ss
上田假奈代
1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から詩のワークショップを手がける。01年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動をつづける。03年ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマに社会と表現の関わりをさぐる。西成区(通称・釜ヶ崎)で「インフォッショップ・カフェ ココルーム」、「カマン!メディアセンター」などを運営。NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。大阪市立大学都市研究プラザ研究員
2013年朝日新聞 関西スクエア大賞受賞 http://www.cocoroom.org
Photo:森善之
 
kotoesame_s
さめしまことえ
旧姓・浦田琴恵。静岡市出身、鹿児島市在住。2007年に東京から桜島に移住する。桜島の閉館した温泉ホテルや、別府の古い下宿アパートでのレジデンス企画、写真家とコラボレーションしたコスプレ写真、車にペイントしながら九州のアートを訪ねる旅の企画など、様々な活動を行う。2014年に家族で出版社「燦燦舎(さんさんしゃ)」を立ち上げ、その第一弾「桜島!まるごと絵本」を出版する。
 
110304p
芹沢高志
1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。89 年にP3 art andenvironmentを開設。99 年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。
帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展『デメーテル』の総合ディレクター(2002 年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(2003 年~)。横浜トリエンナーレ2005 キュレーター。別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』総合ディレクター(2009 年、2012 年)。また現在、P3 art and environment 統括ディレクター(ピースリーマネジメント有限会社代表取締役)、KIITOデザイン・クリエイティブセンター神戸センター長。2016年さいたま市で開催される「(仮称)さいたまトリエンナーレ」のディレクターに就任。

【一般向けに予約を受け付けている寿町の宿泊施設】

Hostel Zen(アートルームあり)

ヨコハマホステルビレッジ

Leave a Comment