PR

和文化推進協会の口コミで分かる!利用するメリットとデメリット【2024年6月最新】

朱雀門の写真 京都
この記事は約5分で読めます。

和文化推進協会の口コミを通して、利用するメリットとデメリットを紹介します。バーチャルオフィスサービスを提供する和文化推進協会の特徴やサービス内容についても説明します。

和文化推進協会とは

和文化推進協会は、京都に拠点を置く一般社団法人であり、非営利法人として活動しています。この団体はバーチャルオフィスサービスを格安で提供しています。京都市への個人事業主や法人の誘致も目的としています。京都市に納税地を変更することや、法人の本店所在地を京都市にすることでサービス料を割引して受けることができます。

和文化推進協会の特徴

主な目的は、「個人で活動する人を支えて日本文化を発展させる」ことで、作家やクリエイター、アーティスト、職人などが活動しやすい環境を提供することを目的としています。ですが、作家やクリエイター、アーティスト、職人ではなくても利用可能です。

和文化推進協会のサービス内容

和文化推進協会が提供する主なサービスは、「住所・電話番号のレンタルサービス」です。
「住所・電話番号のレンタルサービス」では、会員登録を行うことで、手ごろな価格で住所や電話番号を提供しています。これにより、個人が自宅や個人情報を公開せずにネットショップなどを運営できるようになります。
和文化推進協会のサービスは、「超格安」と評判で、月額550円で住所・電話番号のレンタルサービスと郵便物の転送、固定電話番号のレンタル&受電音声データ転送が利用できます。
バーチャルオフィスの住所を記載することで、個人でウェブサイトやブログを運営している人でも、信頼性を高めることができます。和文化推進協会は、個人でネット販売する人が利用するバーチャルオフィスサービスとして、最もリーズナブルでコスパNO.1と言われています。

和文化推進協会の口コミについて

和文化推進協会の利用者の良い口コミ

和文化推進協会を利用する人たちは、バーチャルオフィスとしての利便性に加えて、以下のようなメリットを評価しています。

住所レンタルサービスや電話番号レンタルサービスが無料で利用できるため、安くバーチャルオフィスを利用することができる。

京都という日本の伝統的な都市の住所を利用できるのが魅力的なところ。

電話がかかってきたときは、和文化推進協会のスタッフが電話対応してくれるため、安心して利用することができる。

電話の内容を録音して送ってくれるため、後で実際に聞くことができて便利。

士業の紹介をしてくれるため、調べる手間が省ける。

和文化推進協会の利用者の悪い口コミ

一方、和文化推進協会を利用する上でのデメリットとして、以下のような点が指摘されています。

古都の京都の住所しか利用できないため、最新のIT企業などはイメージが合わない

以上が、和文化推進協会の口コミについての情報です。利用者の評価を参考にして、自分に合ったバーチャルオフィスを選ぶことが大切です。

和文化推進協会を利用するメリット

月額550円(年会費6,600円)と最安値水準

和文化推進協会は、バーチャルオフィスとしては非常に安価な月額550円の基本料金で利用ができます。年会費は6,600円で、バーチャルオフィスの中でも最安値水準です。

月額550円の基本料金内に住所と電話番号のサービスが含まれる

月額550円の基本料金には、ビジネス住所として利用できる住所と、電話番号のサービスが含まれます。このため、低コストでビジネスを開始することができます。

法人登記可能

和文化推進協会を利用することで、法人登記ができます。これにより、法人格を持った企業としての活動を開始することができます。

利用開始後に納税地を京都に移転すると50%OFF

和文化推進協会を利用して、事業を開始する場合、納税地を京都に移転することで50%OFFの割引を受けることができます。

他のバーチャルオフィスから引っ越しの場合50%OFF

他のバーチャルオフィスから和文化推進協会に引っ越してきた場合、初月の利用料金が50%OFFになるサービスがあります。このため、他のバーチャルオフィスから和文化推進協会に切り替えることがお得です。

法人の本店所在地として利用し、協会に登録された士業会員を利用すると月額0円(無料)

和文化推進協会に本店所在地として登録し、協会に登録された士業会員を利用することで、月額0円(無料)で利用することができます。このサービスは、士業会員を利用することで、ビジネスの活動において大きな支援を受けることができます。

和文化推進協会を利用するデメリット

利用できる住所は京都のみ

和文化推進協会は、利用できる住所が京都に限定されています。そのため、京都以外に住所を借りたい場合は、他のバーチャルオフィスを検討する必要があります。古都京都のイメージはとても良いのですが、最新のテクノロジーのイメージはあまりないため、業種によっては他のバーチャルオフィスを検討する必要があります。

まとめ

和文化推進協会は、企業や個人が住所や電話番号を利用するためのバーチャルオフィスサービスを提供しています。月額550円(年会費6,600円)という安価な料金で、法人登記や士業会員の利用など、様々なメリットがあります。また、利用開始後に納税地を京都に移転すると50%OFF、他のバーチャルオフィスから引っ越しの場合も50%OFFといった特典もあります。ただし、利用できる住所は京都に限られるため、利用には場所の制約があります。利用者の口コミでは、利用料金が安価でサービスが充実しているという良い評価が多く見られます。一方で、利用できる住所が限られていることに不満を持つ声もあります。和文化推進協会は、低価格で利用しやすいバーチャルオフィスサービスの一つとして、京都でのビジネス進出を考えている法人、個人ともににおすすめできるバーチャルオフィスです。

コメント