バーチャルオフィスとは? 仕組みからメリット・デメリットを徹底解説

巨大モニターと映し出されるeスポーツ大会の画像
巨大モニターと映し出されるeスポーツ大会の画像
この記事は約6分で読めます。

バーチャルオフィスは、オフィススペースを持たない法人や個人事業主が、ビジネス上必要なオフィス機能(住所や電話番号、郵便物の受け取り、会議室)をサブスク形式で利用できるサービスです。これにより、初期投資や固定費負担を軽減しながら、地域に依存しないビジネス展開が可能になります。本記事では、バーチャルオフィスの定義や歴史、特徴、仕組み、メリット・デメリット、選び方などを解説します。ビジネス初心者でもわかりやすく、バーチャルオフィスを活用したい人にとっては必見の情報です。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスの定義

バーチャルオフィスとは、物理的なオフィススペースを借りることなく、ビジネス活動を行うための仮想的なオフィスサービスのことです。通常、住所や電話番号、郵便物の受け取り、会議室の利用などのサービスが提供されます。

バーチャルオフィスの歴史

1990年代後半に、起業家の方々が「場所や初期費用がない」という問題を解決するために、レンタルオフィスが登場しました。レンタルオフィスは、住所や電話番号だけでなく、オフィス空間まで提供してくれるサービスです。これによって、起業するための初期費用が抑えられ、起業家の方々が独立しやすくなりました。

その後、インターネットの普及によって、オフィススペースが必要ないけれど住所や電話番号だけは必要な方が増え、レンタルオフィスからバーチャルオフィスへと需要が移り変わっています。

バーチャルオフィスの特徴

バーチャルオフィスの最大の特徴は、低コストで利用できることです。また、一等地の住所や受付スタッフも利用できるため、信頼性をアピールすることができます。さらに、オンラインで利用できるため、地域に依存しないビジネス展開が可能となります。

バーチャルオフィスの仕組み

バーチャルオフィスは、起業するための初期費用を抑えながら、ビジネス上必要なオフィス機能を利用できるサービスです。

バーチャルオフィスのサービス内容

バーチャルオフィスのサービス内容は、住所・電話番号の貸し出しや郵便物の転送・受け取りなど、オフィスに必要な機能をインターネット上で提供することが一般的です。具体的には以下のようなサービスが提供されています。

  • ホームページや名刺に記載する住所の貸し出し
  • 法人登記用の住所の貸し出し
  • 電話番号の貸し出しや転送電話
  • 電話対応
  • 郵便物の受け取り・転送
  • 会議室の貸し出し

バーチャルオフィスの活用方法

バーチャルオフィスは、企業の規模や業種に関係なく、様々な業務に活用することができます。代表的な活用方法は以下の通りです。

  • ホームページの特商法(特定商取引法)に基づく住所表記
  • 名刺への住所表記
  • 法人登記の本店所在地
  • 支店・事務所の開設
  • 郵送物の受け取り
  • 顧客との打ち合わせ
  • 社内会議

バーチャルオフィスの料金体系

バーチャルオフィスの料金体系は、サービス内容や利用期間、地域によって異なります。基本的には、月額数百円から数万円程度の料金で利用することができます。また、利用する機能に応じて追加料金がかかる場合があります。利用する前に、料金体系を確認し、自社に最適なプランを選ぶことが重要です。

バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスには以下のようなメリットがあります。

コスト削減になる

通常のオフィススペースを借りる場合、賃貸料や光熱費、通信費、清掃費などが必要です。しかし、バーチャルオフィスを利用すると、これらの費用を抑えることができます。特に、オフィスを持たずに業務を行っている個人事業主や小規模企業にとって、費用削減につながるメリットが大きいです。

知名度の高い一等地の住所が格安で借りられる

バーチャルオフィスを利用すると、知名度の高い一等地の住所を格安で借りることができます。例えば、東京都港区の虎ノ門や六本木など、通常なら高額な賃貸料がかかるような場所でも、住所のみを借りることができます。これにより、業務に必要な郵便物の宛先として、また、企業イメージを高めるためにも利用できます。

地域に依存しないビジネス展開が可能になる

バーチャルオフィスを利用すると、場所にとらわれずにビジネス展開をすることができます。例えば、地方に住んでいる個人事業主でも、バーチャルオフィスを利用することで、都市部に事務所を持つかのようなイメージを与えることができます。また、海外に拠点を持っている企業も、バーチャルオフィスを利用することで、日本国内での業務展開をスムーズに行うことができます。

バーチャルオフィスのデメリット

バーチャルオフィスには以下のようなデメリットがあります。

銀行により法人口座が作れない場合がある

バーチャルオフィスを利用している場合、一部の銀行では法人口座を開設できない場合があります。そのため、バーチャルオフィスで法人口座が作れる銀行を選ぶ必要があります。

郵便物の到着が遅くなることがある

バーチャルオフィスでは郵便物を受け取ることができますが、一度オフィスに集められてから転送されるため、到着までに遅れが生じることがあります。また、月に一度転送のプランや郵便物を受け取れないプランもあるため、郵便物の受取の要否や頻度により最適なプランを選ぶ必要があります。

必要な機能がすべて提供されていない可能性がある

バーチャルオフィスによって提供されるサービス内容は会社によって異なります。そのため、必要な機能が提供されていない場合があります。その場合、別途サービスを利用する必要があるため、コストがかかることがあります。

ほかの利用者と同じ住所になってしまう

バーチャルオフィスを利用する場合、複数の企業がほぼ同じ住所を利用することがあります。これは、バーチャルオフィス提供業者が複数の利用者に同じビジネスアドレスを提供するためです。そのため、同じ住所に登録されている他の企業と混同される可能性があります。法人登記の場合、「同一商号・同一本店の禁止」の制約により登記ができないため、別の住所を借りるか、別の商号にする必要があります。

バーチャルオフィスの選び方

ビジネスにとって必要不可欠な一等地の住所を手軽に取得できるバーチャルオフィスですが、利用する際には適切なサービスを選ぶことが大切です。以下に、選び方のポイントを紹介します。

サービス内容に注目する

バーチャルオフィスのサービス内容は各社で異なります。自社で必要なサービスを洗い出して、それを提供している会社を選ぶようにしましょう。例えば、郵便物の受け取りや転送、電話応対、会議室の利用など、必要なサービスを事前に確認しましょう。

料金体系に注目する

バーチャルオフィスの利用には、一定の費用がかかります。そのため、各社の料金体系を比較し、自社に合ったプランを選ぶことが大切です。また、初期費用や契約期間など、重要なポイントを確認しましょう。

実際に利用したユーザーの評価を調べる

バーチャルオフィスの利用者の評価を調べることで、サービスの良し悪しを判断することができます。各社の公式サイトや口コミサイト、SNSなどから、実際に利用したユーザーの声を調べてみましょう。

以上のポイントを抑え、自社に合ったバーチャルオフィスを選ぶことができれば、より効率的なビジネス展開が可能になります。

まとめ

バーチャルオフィスとは、オフィスを持たない事業者が必要なオフィス機能を利用するサービスです。この記事では、バーチャルオフィスの定義や歴史、特徴、仕組み、メリット、デメリット、そして選び方について解説しました。バーチャルオフィスを利用することで、コスト削減、知名度の高い住所の利用、地域に依存しないビジネス展開が可能になるといったメリットがありますが、銀行の法人口座が作れない可能性や、郵便物の到着が遅くなることがあるといったデメリットもあります。サービス内容、料金体系、実際に利用したユーザーの評価を調べることが、バーチャルオフィスを選ぶ際に重要なポイントです。